このドキュメンテーションは、MicroPython の最新開発ブランチのためのものです。 リリースバージョンでは利用できない機能に言及することがあります。

特定のリリースのドキュメントをお探しの場合は、左側のドロップダウンメニューを使って、 望みのバージョンを選択します。

pyboard に関する一般的なこと

ローカルファイルシステムと SD カード

pyboard には小さな内部ファイルシステム(ドライブ)があります。これには /flash という名前がついていて、マイクロコントローラのフラッシュメモリにあります。マイクロSDカードがスロットに挿入されている場合は /sd として利用できます。

pyboard の起動時には、ブートするファイルシステムを決める必要があります。SD カードがない場合は内部ファイルシステム /flash をブートファイルシステムとして使います。SD カードがある場合は SD カード /sd を使います。起動後、現在のディレクトリは上記のいずれかのディレクトリに設定されます。

必要に応じて、 /flash/SKIPSD という空のファイルを作成して SD カードの使用を防げますができます。このファイルが pyboard の起動時に存在する場合、SDカードはスキップされ、pyboard は常に内部ファイルシステムから起動します(この場合、SDカードはマウントされませんが、後からでもプログラムで os.mount を使ってマウントすることにより、SD カードを使えるようになります。

(ボードの古いバージョンでは、 /flash0://sd1:/ となっているので注意してください)。

ブートファイルシステムは2つのことのために使われます。1つは、 boot.pymain.py ファイルが探されるファイルシステムということであり、もう1つはUSB ケーブルを介して PC 上で利用可能になるファイルシステムということです。

ファイルシステムは PC の USBフラッシュドライブとして利用できます。このドライブにはファイルを保存できますし、 boot.pymain.py の編集もできます。

pyboard をリセットする前には、USB ドライブを取り出す(Linuxではアンマウント)することを忘れないでください。

ブートモード

普通に電源を入れるかリセットボタンを押すと、pyboard は標準モードでブートします。boot.py ファイルが最初に実行され、USB の設定され、 main.py が実行されます。

ボードの起動時にユーザスイッチを押し続けると、ブートシーケンスを変更できます。ユーザスイッチを押したままリセットを押し、ユーザスイッチを押し続けると、LED が2進数でカウントを行います。LED が必要なモードになったら、ユーザースイッチを放してください。選択されたモードの LED がすばやく点滅し、ボードがブートを行います。

モードには次のものがあります。

  1. グリーン LED のみは 標準ブート です: boot.py の実行の後に main.py を実行します。
  2. オレンジ LED のみは セーフブート です: ブード時にスクリプトを実行しません。
  3. グリーンとオレンジの両 LED の場合は ファイルシステムリセット です: flash ファイルシステムを出荷時の状態にリセットしてから、セーフモードで起動します。

ファイルシステムが壊れた場合は、モード 3 で起動して修正してください。コンピュータに接続されているためにファイルシステムのリセットがうまくいかない場合には、USB 充電器か、データ通信なしで電源供給だけの USB ケーブルを使って再度試してみてください。

エラー: LED の点滅

現在のところ、次の2種類のエラーが表示されます:

  1. 赤と緑のLEDが交互に点滅している場合は、
    Pythonスクリプト(たとえば main.py)にエラーがあります。REPLを使ってデバッグしてください。
  2. 4つのLEDすべてがゆっくりとオン/オフを繰り返している場合は重大な障害が発生しています。これは回復できませんので、ハードリセットを行う必要があります。

Windows で pyboard を使用するためのガイド

次の PDF ガイドでは、シリアルプロンプトの設定や DFU プログラミング使った新しいファームウェアのダウンロードなど、Windows で pyboard を使用する方法について説明しています: PDF ガイド

pyboard ハードウェア

pyboard 本体:

公式スキンモジュール:

pyboard 上のコンポーネントのデータシート

他のコンポーネントのデータシート