クラス RTC -- リアルタイムクロック

RTCは、日時の経過を追う自律クロックです。

使用例:

rtc = machine.RTC()
rtc.init((2014, 5, 1, 4, 13, 0, 0, 0))
print(rtc.now())

コンストラクタ

class machine.RTC(id=0, ...)

RTC オブジェクトを作成します。初期化パラメータについてはinitを参照してください。

メソッド

RTC.init(datetime)

RTC を初期化します。datetime は次の形式のタプルです。

(year, month, day[, hour[, minute[, second[, microsecond[, tzinfo]]]]])
RTC.now()

現在の日時タプルを取得します。

RTC.deinit()

RTC を2015年1月1日の時刻にリセットして、実行を再開します。

RTC.alarm(id, time, *, repeat=False)

RTC アラームを設定します。time にはアラームをプログラムする、現在時刻からの経過ミリ秒数、あるいは日時タプルのどちらかを指定します。time の指定がミリ秒の場合、repeat に True を設定すると、アラームを定期的に行うようになります。

RTC.alarm_left(alarm_id=0)

アラームが期限切れになるまでの残りミリ秒数を取得します。

RTC.cancel(alarm_id=0)

作動中のアラームをキャンセルします。

RTC.irq(*, trigger, handler=None, wake=machine.IDLE)

リアルタイムクロックのアラームによってトリガーされる irq オブジェクトを作成します。

  • triggerRTC.ALARM0 でなければなりません
  • handler はコールバックがトリガーされたときに呼び出される関数です。
  • wake は、この割り込みがシステムを起床できるスリープモードを指定します。

定数

RTC.ALARM0

irq トリガーソース